カイロプラクティック体験記。途中経過。

こんにちわ、yuyaです。

カイロプラクティックに通い始めてから2か月が経ちました。

週に1回のペースで通っています。

カイロプラクティックを受け始めてからの変化を書きたいと思います。

カイロプラクティックによる体の変化

1、鼻の通りが良くなった。

2、体の動きづらさを感じることが少なくなった。

3、関節の可動域が広がってきた。

1について。

1か月を過ぎたあたりから、カイロプラクティックを受けた後に鼻の通りが良くなったと感じ始めました。

これにより呼吸が楽にできて、深く呼吸できるようになった感覚があります。

2について。

普段の生活のなかで胸周りの動きづらさを感じることが減りました。

カイロプラクティックを受けているから良くなるという心理面も良い方向に働いているのかもしれません。

3について。

あぐらの姿勢を楽に取れるようになってきました。

今までは右の股関節が動きづらく膝が浮いてしまう状態でした。

しかし、今は前よりも膝の位置が下がり自然な姿勢になりつつあります。

まとめ

以上が2か月経過しての体の変化です。

僕の体は良くなっていると思います。

今までの5年間はストレッチや生態を受けてもめぼしい改善は見られませんでした。

しかし、ここ数か月の改善は自分でもわかるくらいに改善してきています。

ストレッチはもうやっていません。

毎日1時間とかやってましたが自分にとっては効果がなかったので(笑)

5年間は改善してきている実感がなかったのがつらかったのですが、今は違います。

今はこれなら改善しそうだという手ごたえがあるので、心理的にもかなり明るいです。

5年間悪い状態だったので、改善にも長い目で見ています。1年とか2年とかかな。

これからも途中経過の体の変化を書いていきたいと思います。

それではまた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする