【肩こり、腰痛の人】自分に合った枕の作り方

yuyaです。@sakusaku_yuya

みなさん、どんな枕を使っていますか?

今はいろいろな素材の枕がありますよね。

僕は長い間、低反発枕を使っていました。

しかしヘルニアになった経験から今の枕は自分に合っていないかもと考えるようになりました。

そして枕の高さが合っていないと体の負担になることを知りました。

そこで出会ったのがバスタオル枕です。

バスタオル枕とは、家庭にあるバスタオルを重ねるなどしてつくる枕です

バスタオル枕のメリット

バスタオル枕のメリットは、以下です。

・高さが簡単に調整できます。

・洗濯が可能で衛生的です。

・低コストで作れます。

ではどうやって作るのでしょうか?

自分に合ったバスタオル枕の作り方

作り方は簡単です。

バスタオルを長辺方向に2回折ります。これが基本型です。

あとは高さが足りなければもう1枚バスタオルを用意し重ねます。

高さの微調整が必要な場合は、枕の1番下にタオルを足します。

バスタオル枕の高さの目安

自分に合ったバスタオル枕の高さの目安として大事なこと以下の3つです。

使ってみて

①仰向けのとき呼吸がしやすいか

②寝返りが打ちやすいか

③寝返りを打った後(横向きになったとき)首が痛くないか

つまり、自分が快適に眠れるかです。

枕の高さが何cmが正解ということではなく、完全に個人の感覚によります。

人の体型はそれぞれです。

自分に合った枕の高さを研究してみて下さい。

ちなみに僕は下の写真のような枕を使っています。

高さはかなり低いです!(枕と呼べるのか?(笑)でも僕は胴体が薄いのでちょうどいいです)

横向いたとき首は少し引っ張られますけど、高くすると仰向け時に苦しくなるのです。

また僕の場合は首が長めで細いため、首の部分にタオルで高さをつけて首にフィットするようにしています。

まとめ

枕の高さが合っていないと寝ている時に負担がかかる。

自分に合った枕が大事。

高さが簡単に調節でき、コストが安いバスタオル枕がおすすめ。

自分の体型に合わせた調整が必要。

以上っ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする